teotr.github.io

ドメインを取得した

teotr.com というドメインをムームードメインで取得した。

独自ドメインのメールアドレスが欲しかっただけなので、今のところサイトはない。

本当はGoogle Appsで独自ドメインのメールを使いたかったけど、もう無料じゃ使えないのでOutlook.comを利用することにした。

Octopress でブログ始まった

Posterous が 4/30 で閉鎖されるということもあり、Octopress を使ってみることにした。

teotr’s posterous からいくつかの記事を移行した。

Octopress をセットアップするにあたっては次のサイトを参考にさせていただきました。

SELECT の都道府県を自動的に選択する

selectから大阪を選ぶのは、中途半端な位置にあるのでちょっとめんどくさい。 なので書いてみた。

ちなみに元のコードはcoffeescriptで書いた。 ラベルをつけるとコンパイルできなかったのではずしてある。

Vimfiler の Exrename が便利

vimfiler という vim をファイラーとして使うためのプラグインがあります。

昔 Windows ユーザーだった頃には「あふ」という2画面ファイラーを使っていたのですが、「拡張リネーム」という機能が便利でした。

リネームしたいファイルを選択(マーク)してRを押すと、選択した全ファイルに対して一括でリネームを行うことができるというものです。

例えば拡張子を変えたり、分類のための文字列を挿入するといったことが簡単に行えてとても便利でした。

vimfiler にもそんな機能あるのかなー、と同じような操作してみたら、より便利な機能がありました。

ファイルを選択する

まず、リネームするファイルを選択します。

個別にリネームしたいファイルにカーソルがあるときに<Space>を押すか、Vで一気に複数行を選択してから<Space>するとマークされます。

ファイルマスク(M)してから全選択(*)という方法もあります。

リネームする

選択した状態でRで拡張リネームの画面が開きます。

この拡張リネームの画面は通常のvimの編集画面と何ら変わりありません。

ということは、正規表現を用いた置換(s/foo/bar/)も使えるし、矩形選択(<C-v>)も使えるということです。

私は正規表現が苦手なんですが、矩形選択があるおかげで割合さささとリネームできてありがたいです。

リネームを反映させる

編集が終われば通常のファイルの編集時と同じように:wで保存すると無事リネーム終了です。

私はシェルなんかでさくさくリネームできる人ではないので、直感的に利用できるこの拡張リネームはとても便利。

Shougo/vimfiler - GitHub

Tabular の使い方メモ

vimではプラグインを利用することによってコードの整形を簡単に行うことができます。

整形のためのプラグインはいくつかあると思いますが、私は tabular というプラグインを利用しています。

ただ、よく利用するわりには基本のコマンドしか使えてなかったので、この辺りで使い方をメモしておいてもっと柔軟に整形していこうという趣旨のエントリーです。

例文

Some short phrase,some other phrase
A much longer phrase here,and another long phrase

基本

:Tabularize /,

スラッシュに続けて区切り文字(この場合は「,」)を指定すると、複数行を揃えてくれます。

Some short phrase         , some other phrase
A much longer phrase here , and another long phrase

オプションを指定する

区切り文字を基準として、フィールドごとに右寄せ( r )、左寄せ( l )、中央寄せ( c )をすることができます。数字は、次のフィールドまでのスペースの数を指定します。

:Tabularize /,/r0

        Some short phrase,      some other phrase
A much longer phrase here,and another long phrase

:Tabularize /,/l0

Some short phrase        ,some other phrase
A much longer phrase here,and another long phrase

:Tabularize /,/l0c1

Some short phrase        , some other phrase
A much longer phrase here, and another long phrase

区切り文字の位置を調整する

\zsはヘルプによると

\zs どこにでもマッチして、マッチの開始地点を設定します。 このアトムの次の文字は、マッチした文字列の 1 文字目です。|/zero-width|

とのことです。 よくわかってないのですが、実際にどうなるかを見るとわかりやすいと思います。

:Tabularize /,\zs/l1

Some short phrase,          some other phrase
A much longer phrase here,  and another long phrase

(参考)

私家版 はてなキーワードへのリンクを無効にする Greasemonkey スクリプト

Evernote にメモしたいページがあった場合、いったん Instapaper で表示させてから Evernote にポストしてたのだけど、はてなキーワードが不要だったのでリンクを除去する Greasemonkey スクリプトを書きました。

こちらではてなの公式のものが公開されてるのですが、リンクが切れてるみたいです。。

さらっと調べてみたところ、元々のスクリプトは除去するaタグの class を判定に使っていたみたいなんだけど、Instapaper で表示させた時点で class の情報は付加されていないのでこの方法は使えない。

なので href の URL にはてなキーワードへのリンクが含まれていたら除去する、という風にしてみました。

Instapaper 以外のページでも使えるけど、はてなキーワードへのリンクが問答無用で除去されるのでちゅうい。

ハローワークインターネットサービスをより便利に使える Greasemokey スクリプト書いた

自宅にいながらにして全国の求人を見ることができて、非常に便利なことで有名なハローワークインターネットサービスですが、より便利にしたくて Greasemonkey スクリプトを書いてみました。

機能ごとに分けたので、全部で3ファイルあるんですが、全て適用すると上の画像のような画面になります。

  • hellowork_arrange.user.js
    • 2カラム化による一覧性の向上
  • hellowork_highlight.user.js
    • キーワードによるハイライト
    • 検索したい語にリンクをはる
  • hellowork_set_criteria.user.js
    • 検索条件を予め入力

Language Switcher でアプリケーションごとに使用言語を変更する

Language Switcher を使うと、アプリケーションごとに使いたい言語を選ぶことができる。

「OS の言語環境を英語にするとサクサク動く」ということで、英語環境で使っていて普段は特に不便は感じないのだけど、Pixelmator を使うにあたってさすがに英語だとちょっともうよくわからないので、日本語で使うことにした。

via Snow Leopard でアプリを個別に言語設定するには - Bamboo Studio * バンブースタジオ | Blog™