teotr.github.io

Vimfiler の Exrename が便利

vimfiler という vim をファイラーとして使うためのプラグインがあります。

昔 Windows ユーザーだった頃には「あふ」という2画面ファイラーを使っていたのですが、「拡張リネーム」という機能が便利でした。

リネームしたいファイルを選択(マーク)してRを押すと、選択した全ファイルに対して一括でリネームを行うことができるというものです。

例えば拡張子を変えたり、分類のための文字列を挿入するといったことが簡単に行えてとても便利でした。

vimfiler にもそんな機能あるのかなー、と同じような操作してみたら、より便利な機能がありました。

ファイルを選択する

まず、リネームするファイルを選択します。

個別にリネームしたいファイルにカーソルがあるときに<Space>を押すか、Vで一気に複数行を選択してから<Space>するとマークされます。

ファイルマスク(M)してから全選択(*)という方法もあります。

リネームする

選択した状態でRで拡張リネームの画面が開きます。

この拡張リネームの画面は通常のvimの編集画面と何ら変わりありません。

ということは、正規表現を用いた置換(s/foo/bar/)も使えるし、矩形選択(<C-v>)も使えるということです。

私は正規表現が苦手なんですが、矩形選択があるおかげで割合さささとリネームできてありがたいです。

リネームを反映させる

編集が終われば通常のファイルの編集時と同じように:wで保存すると無事リネーム終了です。

私はシェルなんかでさくさくリネームできる人ではないので、直感的に利用できるこの拡張リネームはとても便利。

Shougo/vimfiler - GitHub